「結婚できない男」 第6話

第6回(8月8日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「結婚できない男」
・俳優の演技
  偏屈な人間が考えていることを知るには、人間として向き合い、
  話を引き出さなければならない。
  医師はどんな患者からも体の具合を聞きださなくてはならないわけだから、
  その道のプロといえる。
  夏川の演技で、話を聞きだしにくい人に対して、医者として向き合う
  表情はよかった。この先、恐らく医者と患者ではない関係になると
  思われるが、その時の表情に注目。
・シナリオ
  偏屈男のガードが甘くなってくるところを表現する回。
  偏屈なところを緩めるわけだが、変にゆるいセリフは使えない。
  言葉の使い方・話し方によっては、偏屈なイメージを残せなくなってしまう。
  そこで「妥協は出来ない」というセリフに力点をおくことで、
  人間らしいところを表現し、同時に偏屈なイメージを残した。
・伝えたいこと
  偏屈な人間ほど信念が強い。
  その信念を垣間見ることが出来れば、人間らしさを見出すことはできる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック