のだめカンタービレ 第8回

絶望から希望へ

千秋は、飛行機恐怖症で海外へ出ることの出来ない自分に絶望していたが、
ブラームスにより希望を奏であげることで、
「日本でもいい音楽を作ることは出来る」希望を歌い上げた。

しかし、希望が見えたところで、のだめの催眠術は効いてしまったのか。

のだめの「神様が呼んでいるから・・・」というセリフが象徴するのは、
小さな障害のために、大きな目標を諦めるのはナンセンスといことだろう。

日本に居ながら世界のレベルを目指すのは、決して小さな目標とは言えないが、
その理由が、「日本から出ることが出来ないから・・・」ということでは、
目標にたどり着く前に既に挫折することを容認しているようなものであろう。



それもあるけど、のだめ、ピアノの練習は?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック