テーマ:ドラマ

のだめカンタービレ 第8回

絶望から希望へ 千秋は、飛行機恐怖症で海外へ出ることの出来ない自分に絶望していたが、 ブラームスにより希望を奏であげることで、 「日本でもいい音楽を作ることは出来る」希望を歌い上げた。 しかし、希望が見えたところで、のだめの催眠術は効いてしまったのか。 のだめの「神様が呼んでいるから・・・」というセリフが象徴するの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14才の母 第9回

クライマックスか・・・ なぜか、伝わってくるものが少ない。 原因がよくわかないのだが、次の回を見て考えることにしよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14才の母 第8回

すべては大団円にむかっているのか? このドラマのテーマは何だったのか。 まだ先の話を残しているとはいえ、ここ2回は密度の薄さを感じる。 (密度が薄いと感じているのは、第7回と第8回を見る間の時間が長すぎたせいかも  まあ、それを差し引いても・・・) 「初出産の艱難辛苦を、ちょっと理由ありの主人公が経験して、  人間的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ 第7話

急に終ってしまった。そんな感想。 今回は伏線を張るだけで終ってしまった。のかな? 一応、次回以降のためにポイントをメモ。  ・のだめのピアノレッスンは大丈夫?  ・RSオケの行く末は?  ・水筒が落ちていくシーンで千秋がインスパイアされたものは? オーボエの人、面白かった。いぶし銀のオーボエ奏者。 この前、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

14才の母 第7話

今回はちょっといいシーンが多かった。 冒頭の近所の主婦連の視線に立ち尽くしてしまう姉を弟が手を取って「いこっ」と言うシーン 教科書を渡しにきた子(メグだったかな?)が、未希に笑顔で手を振り返すシーン バスで去っていく未希を歩道橋から見送る智志 などなど 内容で印象に残ったのが室井の演技。 室井の悪役っぷりも、独り言で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ 第6話

Sオケも解散と・・・。 のだめが本気で練習してくれないかなぁ。 と、ドラマの登場人物の心配をしてしまった。感情移入。。。(爆) 人生のターニングポイント。皆それぞれ別の道を歩む。 そして、更なる高みを目指す者は、昔のことは良い思い出だとしても、 それに引きずられず生きていこうとする。 でも、仲間がいたからこそ上を目指…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

14才の母 第6話

母は強い。 室井が演じる母親は、うるさいし行動がえげつないけど、 息子を愛し、幸せになって欲しいと真剣に思っているのがわかった。 しかし、子供がこんないい性格なのがちょっと・・・違和感あり。 この母親の過保護ぶりは、子供にいい影響があるとは思えない。 ドラマの後半でその違和感は拭えるだろうか。 田中が演じる母親は、娘…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ 第5話

この前と同じ感想だが、Sオケの練習風景がみたかったな。 クラシックの演奏を自由気ままにやるのかと思っていたら、 ラプソディーインブルーがかかったので、ちょっと唐突だなと思った。 ラプソディーインブルーを聴いて、スイングガールズを思い出してしまった。。。 スイングガールズではこの曲はなかったけど、同じビッグバンドジャズだからかな。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14才の母 第5話

この回で印象に残ったのは、落ち葉が積もる並木道のシーン。 志田を田中美佐子が包み込むように後ろに立ち、引いたところの 場面は凄く絵になってた。 内容はというと、4話までに出し尽くしてしまったような感じ。 家族は団結しそう、智志ともけじめをつけた、学校に別れを告げる決意をした。 今までの流れを一旦整理した?5話以降の嵐の前触…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ 第4回

こたつ小宇宙からのだめ大宇宙へ 千秋を堕落させる2つのもの、それは、「こたつ」と「のだめ」。 どちらも、完璧な人間に「それは楽しい」と感じさせた。 千秋が最初に目指していた完璧なオーケストラは、 芸術作品であるかもしれないが、「のだめたち」が演奏するととてもつまらない。 Sオケは千秋にとって「こたつ」であり、Sオケ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

のだめカンタービレ 第3回

コントラバスのチビちゃんが貧乏だったのはこんな理由だった。 いかにも漫画的な理由だったが、貧乏であるがゆえに・・・というところが ポイントだったので、理由などどうでもいいか。 人が集まり集団となれば、様々な境遇を抱えた人が集まってくる。 その集団を纏め上げるのが、リーダー役であり、オーケストラで言えば指揮者なのだ。 違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14歳の母 第4回

子供を叱り付けられない大人達。 それは人間を育てる責任から逃れたい人。 または、自分の言動に責任を持つことの出来ない人。 子供の真剣な眼差しから目を反らせてはだめだ。 14歳の母の母は、決意した。 「14歳で子供を産むことは周囲をすべて敵に回すこと」だ、と教え、 本気で産む気なら、本気で反対すると叱り付けた。 田中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ 第2回

一週間遅れでやっと見れた。 峰役の人がよかった。熱いけどウェットな感じがしないところがいい。 ヴェートーベン バイオリンソナタ第5番「春」  ロック魂で奏でていたバイオリンから、クラシックで奏でることに目覚め・・・ その情景は正に「春」だった。 まあ、映像でしか伝わらないシーンなので、ドラマでやってよかったんじゃないか…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

14才の母(第三回)

「魂が入ってる。」って確か産科医役のセリフがあったよな。 志田の演技は迫力がある。 田中美佐子の背中で無く場面は、思わず目から汗が出てしまった。 見るものを理屈ぬきで感動させてしまう、これが魂の入った演技ってやつか。 主役が子供でこんなに頑張っていると、大人の俳優も気合が入るのか、 熱い演技が多い。優良ドラマになりそう…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ 第一回

「てるてる家族」「スイングガールズ」を見て、この子良いじゃんと思ったので、 うちのDVDレコーダーに上野樹里と登録しておいたら、月9を拾ってきた。 前にあった「エンジン」みたいな感じで出てるのかなと思ってたら、 主役ですか。おおスゲェ。 上野の”のだめ”が、まだハマりきってない感じがしたが(ちょっとわざとらしい仕草があった)…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

14才の母(第2回)

暗い。重い。そんなドラマ。 テーマがテーマだけに、そういう雰囲気で作らなくてはいけないドラマではある。 主題が重い場合、安っぽく見せないのが重要。 それは、この様なテーマだと、製作者の興味本位で作ったのではないかという ことが常に見る側の心に引っかかっているから。 ドラマの中でも、このネタを取り上げそうな雑誌の編集者が…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

14才の母(第1回)

テーマが重そうだったので、普通なら見ないところだったが、 出演する俳優が楽しみだったので見てみた。  楽しみだった人→志田未来、生瀬勝久、室井滋、山口紗弥加 ドラマの入り方は、予想通り「昼ドラの枠でやってくれ!」と言いたくなる様な痛々しい展開。 現実味が感じられなく、いつ観るのやめようかと思ったほど。  生瀬勝久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「結婚できない男」 最終話

最終回(9月19日) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「結婚できない男」 ・俳優の演技   心を動かされたのは、夏川結衣の演技。   このゆるーい雰囲気のドラマのなかで、最も熱いシーンを盛り上げた。   涙目の中にもさわやかさを失わない、なんとも言えない表情で   ドラマの雰囲気を壊すこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「結婚できない男」 第11話

第11回(9月12日) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「結婚できない男」 ・俳優の演技   栄治役の人が、好演の印象。   正統派の演技をする男優というと、最近はサラッとした演技を選択する人が   多い中、彼は結構熱い演技派だ。名脇役。   桑野にキレて、事務所を出て行くシーンの感情爆発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「下北サンデーズ」 第7回

第7回(8月24日) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「下北サンデーズ」 ・俳優の演技   八神役の人は、今ひとつだったなあ。   役者が・・・というよりは、人物像の設定がぼやけていたような気がする。   優等生役では嵌らない。 ・シナリオ   八神とサトシンは、別々の人じゃないと駄目だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「結婚できない男」 第10話

第10回(9月5日) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「結婚できない男」 ・俳優の演技   女優陣が凄かった。   沢崎役の高島礼子が好演技。   セリフと相反する表情をする演技で、気持ちが伝わってきた。涙出そう。   早坂役の夏川も沢崎にアドバイスをしながらも、焦り?の表情が見えて  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「下北サンデーズ」 第6回

第6回(8月17日) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「下北サンデーズ」 ・俳優の演技   竹山、演技うまい。芝居に夢中で周りの人が何を考えているかなんて   考えない、熱い人物を演じている。 ・シナリオ   今までもちょくちょく触れられていたけど、お祖父さんの正体がついに   明かされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「結婚できない男」 第9話

第9回(8月29日) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「結婚できない男」 ・俳優の演技   今週は演技でポイントになるところは少なかった。   気になっていた彼女をデートに誘ったら、元彼と結婚することを伝えられた。   どんな男でも、そんな場面では動揺してしまう。   但し、この「結婚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「結婚できない男」 第8話

第8回(8月22日) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「結婚できない男」 ・俳優の演技   今回は、演技がノッる場面が多かった。   動物が入ると演技が楽しそうだ。俳優陣のちょっとした夏休み。   犬との別れにせつない表情を浮かべる「結婚できない男」にある種の感動がある。 ・シナリオ  …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「結婚できない男」 第7話

第7回(8月15日) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「結婚できない男」 ・俳優の演技   キャラが固まってきて、安定して楽しめる。   この立ち位置で何回か続くのもいいかも。 ・シナリオ   毎回オチがある連続ドラマ。   飽きる直前までは、このまま筋が進まないで欲しいと思うのは贅沢か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「下北サンデーズ」 第4回 第5回

第4回(8月3日) 第5回(8月10日) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「下北サンデーズ」 ・俳優の演技   脇役がずいぶん派手だなと思っていたら、キャラの強い脇役中心の   エピソードが用意されていた。   やはり、お笑いの人は演技が、計算しやすいのかな。   思っていたより安心して見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「結婚できない男」 第6話

第6回(8月8日) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「結婚できない男」 ・俳優の演技   偏屈な人間が考えていることを知るには、人間として向き合い、   話を引き出さなければならない。   医師はどんな患者からも体の具合を聞きださなくてはならないわけだから、   その道のプロといえる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「結婚できない男」 第5話

第5回(8月1日) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「結婚できない男」 ・俳優の演技   阿部寛に「余計なことすんなよ~」とわがままなことを言われた時の   高島礼子の表情が良かった。   心配だから断られるのがわかってて聞いてみたという演技が、   リアルに感じ取れた。 ・シナリオ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「下北サンデーズ」 第3回

第3回(7月28日) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「下北サンデーズ」 ・俳優の演技   キャバクラのシーンは、上戸の演技が一本調子なのが気になったが、   シーン自体は演劇的なので狙いがわかる。笑えた。   ドロドロ度が少なかったのは、佐田と上戸の演技があっさりしてたからか。   まだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ダンドリ。」 第3話

第3回(7月25日) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「ダンドリ。」 ・俳優の演技   大人の役をやっている俳優は、いい演技してる。   高校生役をやっている子達はいまいち。 ・シナリオ   きちんと舞台設定をしてほしい。   TVの収録を抜け出したのが昼なのに、さやかの工事現場に着いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more